車売却の適正時期

車の売却を行うためには、契約書や必要書類などを準備し、買取業者に渡すか、郵送で送付し、車の引き渡し日程を決める事になります。その流れを非常に面倒であると感じる人も少なくありません。

そのような人には、車を下取りに出すという方法がお勧めです。車の下取りをする場合は、新車の購入時に、ディーラーに現在の車を引き渡してしまいますし、手続きは、新車の購入手続きと一緒に行われる事になりますから、車の下取りだけのために来店する必要がなく、面倒に感じる事がありません。

記載しなければいけない書類は増えるかもしれませんが、買取業者に依頼する時のような、やり取りはしなくても良いのです。

売買の手続きの内容は、変わりませんが、買取業者まで行くのは、少々面倒かもしれません。買取業者の店舗に出向くことを面倒に感じる場合には、自宅に査定士に来てもらい、一度で契約が進められるように印鑑証明書などの、必要な書類を準備しておくという方法も良いでしょう。

他の買取業者と比較をする事を面倒に感じている人や、ある程度の価格がつけば問題ないと感じている人の場合には、査定に来た当日に、書類を全て受け渡し完了としてしまう事で、後は、車の引き取り日時を決めるだけとなりますから、比較的面倒に感じずに売買を進める事もできるでしょう。

車売却の適正時期


車の売却には、車の売却に適した時期があります。車の売却に適した時期としては、車の需要が高まる時期です。

人が動く時期に、車の売買も進みやすいとされていますから、3月や4月など、転勤が多く、学生が新しく生活を始める事が多い季節に、車の売買も多くなるとされています。車の売買が多くなる時期に売却を進める事ができると、買取業者側も、車を保持しておきたいと考えますから、査定額を高くつけてもらう事が可能となります。

3月や4月が、一番車の販売台数が伸びる時期となりますが、その他にも、ボーナス時期になると、車の販売台数が上がりやすいとされていますから、その時期の売却も非常にお勧めです。

ボーナスが入ることで、大きな買い物をするという人も多いですから、7月から8月、12月から1月にかけての売却も、比較的お勧めです。

車は少しでも早く買取業者に査定額を出してもらったり、車の下取りに出す方が良いとされていますが、あと数日で3月である場合には、数日待つ方が、査定額が上がる場合もあります。

ですが、月をまたぐことで、その車の査定額が一気に下がってしまう事もありますから、数日から数か月待ってから査定を依頼することで、査定額が下がってしまい、後から後悔してしまう事のないように、見極めが非常に重要です。

車の下取りであっても、時期によって、査定額には違いが生じる事がありますから、ディーラーに車の下取り額が高くつきそうな時期を確認してみるのも良いでしょう。